箱庭水耕栽培のエスキュービズムの新製品ピッコラ

家庭用水耕栽培キットの2015年の新製品ピッコラが話題になっている。
近年LED水耕栽培は企業向けの野菜工場の発展が著しい。
その成果を家庭用に取り組んだ商品として注目されている商品だ。

商品サイズは、画像の見た目よりコンパクトな、W295×D200×H300(mm)
色は、インテリア性の高いクリアとクリアスモークの二種類ある。
価格も、最近のコンパクトLED水耕栽培キットの主流の一万円台の領域にある。

水耕栽培で野菜を育てる楽しみを知る、無農薬の野菜を家庭で収穫するという従来の家庭用LED水耕栽培キットが提供してきたことの他に
効率的な野菜工場の仕組みのミニチュアとして、より失敗しない育て方をめざした仕組みとなっている。

主な失敗しない仕組みとして、トレーが2つになっている特徴が有る。
野菜工場では、トレイを複数に分けて成長に応じた最適化を行っている。
その仕組みのミニチュアと考えると、成長の時期をずらしたり、成長の異なるものを分けて栽培できる。
ふたつのトレイは光源への距離が調整でき、成長したら距離をはなす事ができる。
苗床の選択によりトレイの中の穴の間隔も調整可能なので野菜の選択幅が広がる。

光源のLEDの波長ミックスの改良や、液体肥料の変更、前面トレー取り出しなどの使いやすさへの配慮も有る。

既に、アマゾン、楽天、ヤフーなどでも多くの販売店が扱いを始めている。

関連ページ:エスキュービズムの箱庭水耕栽培

スポンサーリンク

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ