「新ライフスタイル(LED水耕栽培で新鮮安心野菜の自給自足)」へようこそ

a1180_010194

インフラに頼らない生活

自給自足の自立した生活

というと、山の中の掘っ立て小屋での生活をイメージする人が多いかもしれません。

都市部で増えている生活スタイルのようです。

そんな家庭での野菜の収穫は、必須技術
身近で栽培してみると、野菜のさまざまな顔が見えてきます。

楽しみながら、工夫をしながら、レパートリーを増やし、経験値をアップする。

LED水耕栽培は、震災後急速に都市部で増えているライフスタイルのようです。

家庭用LED栽培の最近を見ていると、30年前からのパソコンの普及を思い出します。
百万円以上の企業用は家庭では手が出なかったけど、マニア限定のマイコンキットは数万円で購入できました。

そして10年、数十万円まで下がった一般向けのパソコンは、多くの家庭に広がりました。
パソコンを置いておく効果は、確実に子供のリテラシーを上げたと思います。
今、社会人になったパソコン家庭の子供たちがネット社会で活躍しています。

a0150_000107

野菜栽培が当たり前にできる生活
都会であまり畑に触れ合えない家族への贈り物 は、ちょっとマニアックなLED栽培。

販売店での、LED栽培機器の扱いはさまざまです。

プランターなら、ガーデニングなのでしょうが、LED水耕器は、庭の温室内ならともかく、家庭の庭に放置はしません。

  • LEDに照準を合わせると、特殊用途の照明器具。
  • 野菜の収穫調理や台所に置くことを狙って、キッチン用品、キッチン家電。
  • リビングなどでのインテリア効果を狙って、インテリア用品。
  • 従来のキットの延長で、工具。

さまざまな分類でも楽しませてくれます。

LED栽培機器自体が、一般家庭への普及の初期と言うこともあり、購入者満足度もバラバラ
酷評に傷ついて、販売中止なども多そうです。

購入者自体の何に期待するかという意識が試されていると言う面もあります。

このサイトでは、変化する家庭用LED水耕栽培器とその周辺商品を書いてみようとおもいます。